催眠にかかると、意識がなくなって何もわからなくなるのではないか。
自分が何をしているのかもわからないし、術者の言いなりになって、色んなことをやってしまうに違いない。そう思ってらっしゃる方が沢山いらっしゃいます。しかし、それは大きな誤解です。
  テレビのマジックショーでは確かにそのように見えますが、実は掛けられる人がそうなることを望んでいるから、そのようになってしまうのです。しかし、あの場面でも、その人の意識はハッキリしていますし、自分の意識がなくなるということはありえないのです。

もし、意識がなくなったとしたら、それは催眠から睡眠に変わったということなのです。どんな深い催眠に入っても、意識はちゃんと残っていますし、「催眠から覚めたい」と思った瞬間に本人の意思で覚めることも可能なのです。
 ほとんどの人が普段の生活の中で、自然発生的な催眠状態に一日の中で5回程度入っているといわれています。例えば、テレビや仕事に集中して声を掛けられても気づかなかったり、電車に乗って揺られて心地よくなったり、床屋さんでボーっとなったり・・・。
皆さんそのような経験があると思います。それが自然発生的な催眠状態なのです。そう考えると、怖くも何ともないでしょ?
 
 さらに、催眠に掛けられた状態でも、防衛本能は常に働いていますから、本人の意に反することを術者が暗示を掛けたとしても、その時点で催眠は覚めてしまいます。
例えば、「銀行強盗に行きなさい」とか「服を脱ぎなさい」などの暗示を掛けたとしても、防衛本能が働き、催眠から覚めてしまうのです。
反社会的、反倫理的な催眠はどんなに高度な技術を持った術者でも不可能なことなのです。
 また、催眠中も意識がハッキリしていますから、中には「催眠にかかっていなかった」といわれる方もいらっしゃいます。しかし、そのような方に限って、しっかり入ってますのでご心配はいりません。
 
 先ほど、テレビのマジックショーの話をしましたが、もう少しそのことについてお話をします。
あのようなショーを見ますと、掛けられたお客様は犬や猫になったり、歌を歌ったり、踊ったりして術者の意のままに操られているように見えますが、それは実は半分正解で、半分は違うのです。
と言うのは、ステージに上がるお客様は、自ら進んで「催眠にかかってみたい」「犬や猫になる感覚を味わってみたい」「みんなを楽しませて目立ちたい」そう思ってステージに上がっているのです。
だから、「ハイ、そこのお客様どうぞ」と言われても、断ることなく、困った様子を見せながらも内心はワクワクしながら催眠にかかっているわけです。 
ですから、「あなたは犬になりますよ」と暗示を掛けられると、素直に犬になってしまうというわけなのです。
しかし、「私は絶対に犬になんかならない。みんなの前で笑われたくない」そう思ってる人にいくら暗示を掛けたとしても、犬になることはありません。
ですから、ショーの催眠術者にとって一番大切なのは、素直に催眠にかかってくれて、エンターテイメントの素質があるお客様を探すことなのです。

催眠にかかったとしても、常に自分の意識はハッキリしていますし、深く入ることも、拒絶することも本人の意思しだいなのです。
 また、催眠状態というのは深いリラックスの状態ですから、今まで経験したことのないような心地よさを感じることが出来ます。ですから、不安がらずにどうぞご安心ください。
 
また、催眠によって暗示をかけて、自分の望む人格に変えて欲しいといわれる方もいらっしゃいます。
例えば、「自信がないから、催眠をかけて自信満々の人格に変えて欲しい」と言われる方がいらっしゃいます。
しかし、暗示によってそのように人格を変えるというのは、ほとんど不可能なことなのです。
もし仮に暗示で人格を変えられたとしても、それは数時間あるいは数日で元に戻ってしまいます。
今の問題を作っている根本の原因を解消しなければ、問題は解決しませんし、仮に暗示で人格を変えることが出来たとしても、また更なる問題が発生してくることは明らかです。
なぜなら、大元の原因がそのまま存在し、その問題を作り出していくからです。

 
ここで大切なことは、その問題が本人にとってどういう意味があるかと言うことです。
現在かかえている悩み、起きている問題は間違いなく自分を成長させるために起きていることに気づかなければなりません。
どのような自分になれば「幸せ」になれるのかを教えてくれているのです。
その上に立って、その問題と向き合い、乗り越えていくことがとても大切なのです。

事例集」「体験者の声」をご覧になると、今までかかえていた問題が、自分にとっていかに大切なものであったのかに気付き、それを「力(パワー)」に変えて、新しい一歩を踏み出されているのかがお分かりいただけるでしょう。
 それが当方で行なうセッションの大きな特徴でもあります。

 
 
フォレストのセッションの特徴