フォレストのセッションの特徴

前世01

(何が見えますか?)
窓が一つあってあんまりは広くない 白っぽい壁みたいな

(壁は何でできてます?木ですか 石ですか?)
木じゃなくて石でもないけど 塗ったような感じ

(ペンキでぬったような感じ?)
はい、

(そこで何をしてるんですか?)
立ってるけど、待ってる?

(そこにいるあなたはどんな服をきていますか?)
長くてふわっとしたスカートみたいな・・足元まである

(髪の色は何色ですか?)
金色みたいな色

(何歳ぐらいですか?)
25歳くらい

(どんな気持ちでそこにいますか?)
早く帰ってこないかな、と思っている 誰かを待っている

(誰をまっているの?)
はい、

(いつもそうやって待っているみたい?)
はい、

(おうちで一人でいるの?)
はい、誰もいない

(待っている人は必ず帰ってきてはくれるんですか?)
はい、でも毎日じゃない、

(あなたはいつもおうちの中で待っているの?)
はい、外に出ません

(どうして?)
出たら行けない・・・?

(どうして出たら行けないの?)
出たら行けないって言われている?

(どうして出たら行けないっって言われてるの?
出たら何か怖い

(出たら何か怖いことが起きると思っているの?)
はい、

(子どもの時からずっとうちにいるの?)
子ども時は外で遊んでた

(いつからおうちの中に閉じこもっているの?)
結婚してから・・

(結婚してからずっとおうちの中にいるの?)
はい

(では、あなたが待っている人が帰ってきた場面です。3,2,1、はい)
(誰が帰ってきましたか?)
その時の夫。でも今のお母さんです。

(その人生では夫のような感じ?)
はい、

(その夫は今のお母さんなのね?)
はい、帰ってきて泣いてます、自分が

(何で泣いているの?)
何でこんなに帰ってこなかったの?って泣いてる 寂しいよって泣いてる

(ずうっと待たされたの?何日も待たされたの?)
10日くらい?

(では、何故10日も帰ってこなかったの?)
仕事をしてた。

(彼は何と言っていますか?)
ごめんね、でも仕方ないと言っている

(何故おうちから出てはいけないのですか?)
・・・・・

(聞いてごらん、自分で聞いてごらん、何故私はおうちから出てはいけないの?って)
自分がいない間に誰か・・誰かが近寄ってきて私を連れて行くからって言っている

(他の男の人に連れて行かれるのがこわいって言っているの?)
はい、

(そう言われてあなたはどう言っていますか?)
そんなことはないよって言っている、信じてほしいって言っている

(彼は何と言っていますか?)
分からないって、でも、信じてくれてない

(彼の言うことをちゃんと守って外に出ないんだ、出ようと思えば出れるんじゃないの?)
出たらいけないと思ってる

(出よう思えば出られるけど、出てはいけないと思っているの?)
はい、・・はい

(その場面は結婚して何年ぐらいたっていますか?)
3年?

(では3年間ずうーっとそんな感じ?)
はい、

(子どもはいますか?)
いません

(そこの国はどこですか?)
アメリカ?

(その場面は西暦で言うと何年ぐらいですか?)
はい、1500年・・・

(1500年代ぐらい?)
はい、

(いいですよ、では、その人生での別の重要な場面へといきますよ、
別の重要な場面です。3,2,1、はい、そこにいます)
(はい、何が見えますか?)
家の中じゃないです。外に出てる。

(そこにいるあなたは何歳ですか?)
はい、、ちっちゃい、子ども、

(何が見えていますか?)
草とか、短い草、 原っぱみたいな、 誰か一緒にいるけど分かりません

(そこにいるあなたは何歳ぐらいですか?)
5歳ぐらい

(そこで何をしていますか?)
遊んでいる 

(どんな気持ちで遊んでいますか?)
うれしい、楽しい感じ

(そこで何か起きましたか?)
誰か一緒にいた人がいなくなったような気がする

(一緒にいた人がいなくなってどうなりましたか?)
取り残されたような感じ

(置いていかれたの?それともはぐれたの?)
一緒にいたのに気がついたらいなかった

(その人とはその後会えましたか?)
・・・・・

(一人ぼっちになっちゃったの?)
はい

(どんな気持ちですか?)
どうしたんだろう・・・と思ってる

(その後、あなたはどうしましたか?)
歩いて帰ろうと思ってる

(おうちに帰ることができましたか)
しばらくずっとそこにいたような感じ

(しばらくそこにいて、しばらくというのはどのくらい?1日以上?)
一日までないけど、6時間とかそれくらい

(その人が帰ってくるのを待ってたの)
はい、

(そしてどうしましたか?おうちに帰りましたか?)
うちには 帰ってない ・・・うちには帰ってない

(では、誰かにそこで会いましたか?)
はい、誰かが来た

(それは誰ですか?)
おじさんみたいな、

(男の人が来た)
はい、

(それはあなたとどんな関係の人?)
知らない人、

(あなたはどうしましたか?)
なんか連れて行かれそうになってる、やめてって言ってる なんか怖い

(そしてどうなりましたか?  連れて行かれたの?)
はい、

(連れて行かれた、どこに連れて行かれましたか?)
・・小屋みたいなとこ、何か木でできた、木がつんであるような

(そして、あなたはどうなりましたか?どうしましたか?
その男の人に連れて行かれたの?その後、どうしましたか?)

・・・何かとってもいやなことがあった・・・その人がいたずらをしている

(いたずらをしている、その時あなたは何歳?)
ちっちゃい

(まだ5歳?)
はい

(何度もされているような感じ?)
どうしてそんなことするの?ってずっと言ってる やめてって言ってる

(それは何度もそういうことされたみたいですか?)
・・・何度もではないかもしれない 男の人の背中が見える

(その後、ずっと小屋の中に閉じ込められていたのですか?
それともどこかに連れて行かれましたか?)

どこかに連れていってる、男の人が手をひいてどこかにつれていっている

(どこにつれていかれましたか?)
・・・はい、家に帰ったのかもしれない、家に連れてきたのかもしれない

(自分の家につれてきてくれたみたい?)
はい、

(自分の家につれて帰ってきてくれた?)
はい、でもそんなに悪い人ではない、その男の人。
悪い人じゃないのにどうしてそんないやなことする?って言っている

(ではその男の人の顔を見てごらん)
おとうさん・・・・・・・・今のお父さん
でもその時は自分のお父さんじゃない なんか木を切っている人、いたずらした人

(では、あなたのお母さんと知り合いではあるの。あなたには他に家族はいますか?)
はい、弟。

(では、その弟の顔を見てみますね。その弟は誰だか分かりますか?)
今の夫のような気がします。

(お父さんはいますか?その時のお父さんは?)
いるけど、家にはいない

(その場面にはいない)
はい、いうかあまり帰ってきていないような感じがする

(その家族は幸せな家族ですか?)
あまり幸せではない

(どうして?)
お母さんがなんかお父さんが帰ってこないことにいらいらしている
弟はなんか心配してる、あたしのことも心配してる

(弟はいつも心配してるみたい?)
はい、小さいのに、私より小さいのに、なんか、自分が守らなくちゃと思っている

(いいですよ、では、その人生での、さらに別の重要な場面へといきます。
別の重要な場面です。3.2.1はいそこにいます。)


(はい、何がおきていますか)
海が見えます。

(あなたは何歳ですか?)
もう歳をとっているような感じがします。

(そこで何をしているの?)
海を見ています。家のベランダのようなところ、白いデッキのようなところにいます。
海を見ている。

(どんな気持ちで海を見ていますか?)
安らかな気持ちではある。

(周りに誰かいますか?)
はい、誰かいる。

(誰ですか?)
・・・◯◯君かな?(現在の友人)

(それは、その時はあなたとどんな関係ですか?)
はい、一緒には住んでる、なんか2人とも穏やかな気持ちでいる

(そこにいるその人は男性ですか、女性ですか?)
男性です。

(ただ、一緒に同居しているような感じ?それとも夫婦ですか?)
夫婦ではない。もう2人とも歳をとって仲良く一緒に暮らしている

(そこにいるあなたは何歳ですか?)
はい、もう60代とか、白髪になっている、白い銀色みたいな髪になっている

(では、その人生での最後の場面です。
あなたがその人生を終える瞬間へと行きます、3,2,1、はいそこにいます。)

ベットにいます。◯◯君が見てくれている

(あなたは何歳ですか?)
70歳くらい・・?

(どこか悪いのですか?)
どこも悪くないです。穏やかに死んでいくところです。

(それでは、あなたの魂が肉体から抜けです瞬間です。
すーっと抜け出ます。はい、どんな感じですか?)

下を見ています。◯◯君が私の、亡くなった私の手を握っています。

(どんな気持ちですか?)
また、会おうねって言ってます。

(では、その人生を振り返ってみます。その人生を振り返りますよ。
その人生はあなたにとってどんな人生でしたか?)

小さいときとか若い時とかつらいこともあったけど、
最後は穏やかな気持ちで死んでいけたと思います。

(小さいときはつらいこともあった、どういうつらいことがありましたか?)
お母さんのいらいらした姿とか、おじさんにいやなことをされたりとか、
待っても待っても帰ってこない夫がいたりとか

(あなたは子どもは生まれましたか?)
子どもはいません。

(できなかった)
はい、

(そのご主人とはずっと最後まで添い遂げたの?)
ちがうと思います。

(離婚しみたい?)
帰ってこなくなったのかもしれない、待っても待っても帰ってこなくなったのかもしれない、
泣いてましたずっと、帰ってこなくて。

(帰ってこなくってずっと泣いてたの?)
はい、

(そしてどうしたの?帰ってこなくなったのはあなたが何歳の時ですか?)
35歳・・・

(なぜ帰ってこなくなったの?)
他に女の人がいるみたいな感じがします。

(では、その人生であなたは何を学びましたか?)
つらいことがあっても、自分を失わないこと。
最後は気持ちの通じる人と一緒に、穏やかに死んでいけた・・・

(つらいことがあっても自分を見失わないこと、それを学んだの。)
はい、

(では、そのつらい体験によって学んだこと、つらいことがあっても自分を見失わない。
それは、あなたにとって素晴らしい宝物です。すばらしい宝物です。
それはあなたの中にしっかり、あなたの心にしっかり刻み込みます。
そしてそれを教えてくれたたくさんのつらい出来事、
先ずはあなたにいたずらをしたその男の人、ね、今のお父さん。
いたずらをしたその男の人に、なんと言いたいかな?)

・・悪い人じゃないよねって

(言ってごらん、その男の人に言ってごらん?)
悪い人じゃないよね。さみしかったのかな、なんか、つらかったのかな・・?

(その人は何と言っていますか?)
ごめんって言ってる、

(本当に反省しているみたい?)
はい、悪かったって言っている、

(それを見てあなたはどんな気持ちですか?許せますか?)
はい、

(ほんとにゆるせる?)
はい、

(では、許してあげよう)
はい、

(その人はどんな表情をしていますか?)
ありがとうってにっこりしている。

(それを見てどんな気持ちですか?)
よかったと思っている。

(そして、あなたを置いて出ていったご主人、彼には何といいますか?)
◯◯君かもしれない

(はい、彼には何といいますか?)
もう、いいよって

(許してあげる・・)
はい

(じゃあ、言ってあげてごらん)
もういいよ

(なんといってますか?)
はい、といってる

(申し訳ないと反省してくれているかな?)
はい、ごめんねと言っている

(それを見てあなたははどんな気持ちですか?許してあげますか?)
はい、許してる

(いいですよ、では、あなたがその人生で学んだこと。
つらいことがあっても自分を見失わないこと。
それは、あなたにとってとても大きな宝物です。
そして、それを教えてくれたたくさんのつらい出来事、さみしい出来事はもう、
それは過去の出来事です。
全て手放してしまいましょう。上から美しい光が降りてきます。
美しい光が降りてくる、光が感じられますか?)

はい、

(その光の中にそのつらかった出来事、悲しかった出来事は全部手放してしまいましょう。
手放せたら教えてください。)

はい、

TOPへ


前世02

(今、どんな気持ちですか?)
・・・この辺がなんか痛いです。<喉を押さえている>

(痛いの?)
(では、その光にさらに聞いてみます。お願いします。
今、まだ私が思い出す必要がある過去があればその場面へと連れていってください。
お願いしてみましょう。)

・・・・

(お願いしましたか?)
はい

(では、3つ数えるとその場面へと行きますよ。3.2.1はいそこにいます。)
(はい何が見えていますか?)
なんか、広いところだと思います。
向こうのほうに何かある、左のほう、左の方、砂、砂漠のような砂ばっかりのとこと

(砂漠のような所にいるみたい?)
はい、砂ばっかりで、向こうのほうになんか、町みたいなのが見えてる

(そこにいるあなたは、男性ですか、女性ですか?)
男性です

(どんな服を着ていますか?)
白い布のような

(白い布を巻きつけてるような感じ?)
はい、・・・エジプトだと思います。

(エジプトのような感じ・・そこで何をしているのですか?)
・・・逃げてきたのかもしれない、町から・・<咳>

(なぜ、逃げてきたの?)
火が燃えている町に

(はい、町が燃えている、)
<咳>

(周りに誰かいますか?)
<咳・・・>

(煙をすったの?)
<咳>

(大丈夫、大丈夫、それは今感じなくていいよ、3つ数えるとすうっと消えるよ。
3.2.1はい、すうーと消えます)

誰もいません

(一人で逃げてきたの?)
はい、でも誰かがまだ残ってる、火の中に、誰が残ってる?<嗚咽>

(町全体が燃えているの?)
誰が残ってる?<嗚咽>女の人、助けられなかった、<嗚咽>

(それはあなたとどんな関係の人?)
妹?

(その時のあなたは何歳ですか?)
30歳くらい

(30歳くらい、結婚はしてないの?)
してないです

(妹と2人で暮らしているの?)
妹は誰かと結婚してたかもしれない

(はい、では、その火が、町が燃える、あなたが町を逃げ出す直前の場面です。
あなたが町を逃げ出す直前の場面へと行きますよ、3.2.1はいそこにいます。)

(はい、何が起きていますか?)
石のような部屋の中にいます。妹もいる?

(その妹は誰だか分かりますか?今の人生にご縁のある方ですか?)
◯さん?夫の妹です

(ご主人の妹さん、はい、いいですよ、ではなぜ、町は燃えたんですか?)
誰か、誰か火をつけてる

(はい、誰かが火をつけてる、)
何人も、何人もで襲ってきた、たぶん、戦争をしてた相手の敵が襲ってきたような感じ

(そして、その町はどうなりましたか?)
燃えてしまった、何にもなくなっている、真っ黒にこげている

(あなたは、けがはしませんでしたか?)
襲ってきた敵の中に自分の姉がいました。

(はい、)
・・・・・・・・

(あなたは怪我はしませんでしたか?)
足が痛い、

(足をけがしたみたい?)
はい、のどが苦しい、・・・

(そのあと、どうなりましたか?あなたはどうしましたか?
村や町が焼け落ちてしまった後、あなたはどうしましたか?)

足を引きずりながら、右足を引きずりながら逃げています。夜になってもまだ逃げています。
星が出ています。

(どんな気持ちですか?)
・・・<ため息>

(一人だけ生き残ったみたい?)
一人ぼっちになってしまった・・助けられなかった・・

(あなたはどこかに逃げおおせることができましたか?)
川の、川原の草の上に座っています。何も考えることができなくなっている
もう、死んでしまいたいと思っている。

(そして、どうしましたか?)
川にたぶん入ったと思います。
冷たい足が、痛いし、冷たい・・・<ため息・嗚咽>

(そして、どうなりましたか?)
(その痛みは今感じる必要ないよ、感じなくていい。
はい、3つ数えるとすーっと消えていくよ。
3.2.1、はい、すーっと消えていく。そのまま、亡くなったみたい?)

はい、

(はい、ではその人生を振り返ります。その人生を振り返りますよ。その人生はあなたにとってどんな人生でしたか?)
・・・何もやり残すことができなかった

(はい、何もやり残すことができなかった)
はい、

(その人生であなたは何を学びましたか?)
・・・自分の信念を持って生きればよかったと思っています。
たぶん、敵が襲ってくる前に、何かもっと何かできたのかもしれないと思っている。
そうすれば全てがなくならずにすんだのかもしれないと思っている。
もっと話し合うべきだった思っている。
話し合ってもきっと分かり合えないと決め付けていたと思う。

(はい、自分の信念を持って敵がくる前に何か手立てを講じていれば良かった。
しっかりみんなと話し合っていればよかった。
もし、それができていたならば全てを失うことにはならなかったのかもしれない、そう思っている。
では、あなたはその人生で、自分の信念を持って行動しなければいけない、
生きていかなければいけない、それを学んだんだね。
では、それをあなたの大切な宝物として胸の中にしっかり刻みます。
そして、それを教えてくれたその悲惨な出来事、妹を失った悲しさ。
守ってやることのできなかった後悔、そして、敵が攻めてきた、その敵に対する恨み。
さらに、その身体の痛み、胸の苦しみ、それは全部光の中へと手放してしまいます。)

(どこか痛いの?はい?足が痛いの?)
(目が痛いの?)
目が開けられない感じです。

(どうして?)
・・・・・

(どうしたの?痛いの?)
痛いんではないんだけど、目が開かない

(はい、まずね、その人生のその出来事を、つらかった出来事を先ず手放してしまおう。
先ず手放してしまいますよ。)

・・・・・

(のどの苦しみや、足の痛み、そして、後悔や悔しさ、うらみは、全部手放してしまいましょう。
光の中へと手放してしまいます。手放せたら教えてください。)

はい、

TOPへ




前世03

(今、どんな感じですか?)
・・・目が開かない

(開けられないの?)
はい、開かない

(ぐうっと閉まってくる感じがするの、はい、いいよ。
ではその原因となっている場面、その原因となっている場面へと行きますよ。3.2.1はいそこいます。)

<ため息>

(はい、何が見えていますか?)
・・・ほら穴・・

(ほら穴、そこで何をしているの?)
・・・たぶん、外からほら穴の外から見てる

(はい、外から中を見ているの、)
ほら穴っていうか、たぶん、沖縄の海に開いた穴みたいな、はい、見たことがあります。

(沖縄の海にある洞窟のような感じ?)
がま」って呼ばれるところ

(そこで何をしているの?)
穴の外に私はいる

(男性ですか、女性ですか?)
女の子です

(子どもなの?)
はい

(何歳ぐらい?)
まだちっちゃいです。

(3つ、4つ?)
はい、それぐらいです

(誰かと一緒にいますか?)
はい、誰かいるかも知れない、お兄ちゃんみたいな人かもしれない

(そこで何をしているの?)
ほらあなの中をほらあなの方を見ようとすると目が開かない

(はい、怖いの?)
・・・・

(怖いの?、何かありそうなの、それは見たことあるの?)
・・・<おびえている様子>

(見たことあるの、何?それは、大丈夫だよ、大丈夫。)
・・・

(何だったの?何があるの?何かこわいもの?)
何か火が燃えてる

(火が燃えてるの、何を燃やしているの?)
たぶん、人がたくさんいる

(人がたくさんいるの、何を燃やしているの?)
燃やしてるんじゃない、燃えている

(燃えているの、人がその中にいるの?火の中にいるの、)
はい、

(はい、なぜそんなことになっているの?)
・・・<ため息>

(その人たちは生きているの?)
はい・・・ 

(死んだ人を燃やしているの?)
・・・

(生きたまま火の中にいるの、一体何があったの?)
・・・

(大丈夫だよ、大丈夫、大丈夫、大丈夫だから、何があったの)
・・・たぶん爆弾が投げ込まれた

(はい、爆弾が投げ込まれた、で、あなたは助かったの?)
はい、

(助かった、そして、どうなりましたか?)
・・・

(そしてどうなった?)
お兄ちゃんと2人で穴の外に立ってる

(はい、その火の燃えているのを見ているの?)
・・

(火の中にはあなたが知っている人もいるの?)
・・・

(いるの、)
はい、たぶんいる

(大丈夫、・・・大丈夫、大丈夫ですよ)
・・・

(その後、あなたはどうしましたか?)
・・・・

(あなたは助かった?)
ずっと、そこに立ってた

(はい、ずっと立ってたの、そしてどうしたの?)
・・・

(そこからもう動かなかったの?)
はい、

(ずっと、そこにい続けたの?)
・・・はい

(お兄ちゃんはどうしましたか?)
分かりません、

(はい、あなた一人そこに立ち尽くしていたの、)
はい、

(では、その人生の最後の場面です。あなたがその人生を終える瞬間の場面ですよ。
3.2、1はいそこにいます。)

(はい、何が起きていますか?)
なんか、海です。海の中にいる

(あなたは何歳?)
・・・大人ではない、7歳・・・

(なぜ、海の中にいるの?)
・・・

(はい、いいよ、ではその人生を振り返ってみます。その人生を振り返りますよ。
その人生はあなたにとってどんな人生でしたか?)

とてもつらかった

(はい、つらい人生だった、その人生であなたは何を学びましたか?)
こわかった、

(はい、こわかったの)
(そのことでいったい何を学んだのかな?)
・・・どうすればよかったんだろって思ってる

(はい、どうにもできないこともあったね、)
たくさん、死んだ、人が・・・命は大事だって思ってる・・・<嗚咽>

(そうね、命は大切、命の大切さ、そして、平和の大切さ、それを学んだね。
たくさん辛いことがあった、たくさんの人が死んだ。
そして自分もまだ小さいのに死ななくちゃ行けなかった。
命の大切さ、平和の大切さ、それを学んだね。では、それはあなたにとって大切な宝物です。
それをしっかり胸に刻んでその悲惨な体験、辛い体験は全部手放してしまいましょう。
全部手放してしまいます。手放せたら教えてください。)

・・・・・・

(いいですか?)
はい

TOPへ



光の世界

(そしてさらに光の中へとあなた自身が入っていきましょう。
光の中へとあなたが入っていきます。
その光の中にあなたの目の前で亡くなっていった人たちが光の中であなたを待っていてくれているよ。
その方々は見えますか?)

・・・・・・◯◯君<数年前に亡くなった友人>が見える

(知らない人もいるかもしれない、その人たちは今、どうしていますか?)
みんな笑っています。

(元気そうにしてる?)
はい

(そうだね、死ぬときは悲惨な死に方をしたけど、みんな元気そうにしているね)
はい

(それを見てどんな気持ちですか?)
私もうれしい、よかったなって思っている

(もう、大丈夫なの?って聞いてごらん?)
・・・・・はい、大丈夫って

(どんな気持ちですか?)
良かったと思っている

(はい、良かったね、安心した?)
はい

(みんなずっと苦しんでるんじゃないか、そう思ってた?)
はい、

(でも、みんな元気そうだね、)
はい、

(良かったね)
はい

(では、さらに上を見てみます、さらに上を見てみますよ。上には何が見えますか?)
・・・光?まぶしい

(では、その光に向かって進んでみましょう、光の中へと進んでみます。
そして、5つ数えると光の中へと入っていきますよ。
5.4.光が近くにどんどん近づいてきます。
3.光の中へとはいっていきます、2.1さあ、光の中です。)

・・ふうーっ

(はい、どんな感じがしますか?)
身体がかるーくて光が満ち溢れている感じ

(何が見えますか?)
・・・光の海みたいな感じ

(はい、誰かいますか?)
・・・・・・・・・なんか大きな、大きな何か

(はい、存在を感じる、)
はい、

(では、その存在に対して話しかけてみます。
あなたは私のガイド<霊的指導者>ですかって聞いてごらん?)

・・・

(そうだって?)
はい。

(では、そのガイドに質問をしていこう、話しかけていきますよ。
今回の私の人生も目的は何ですか?って聞いてごらん。)

・・・・・・・・

(何ていってますか?)
許すこと

(では今までの私の体験にはどんな意味があったんですか?)
・・・・自分を知ることかなぁ

(では、まだ、私が思い出す必要のある過去の出来事がありますか?って聞いてごらん)
・・・

(何ていっていますか?もうないって?)
・・・

(いいですよ、今までの私の体験は自分を知ることそれは、人を許すためにそれが必要だったんですか?)
はい、<うなづき>

(今の私にまだ何か足りないものはありますか?)
・・・・・・たくさんの言葉を使いなさい。ちゃんと自分の気持ちを伝えなさい。

(自分の気持ちを伝えていないんですか?)
意見が違うことを恐れずに自分の気持ちを穏やかに伝えなさい。
分かったふりをしてはいけない。

(何か聞きたいことがあったら聞いてみてください)
ありがとうございました。

(聞きたいことはない?)
夫の母は私にとってどういう存在なんですか?

・・・あなたを導いてくれるひとですっていってる。無償の愛を教えてくれる人ですって言ってる。

(他に何か聞きたいことはありますか?)
◯◯君<数年前に亡くなった友人>は今どうしているんですか?

・・元気にしているよっていっています。見ていてくれてるよって言ってます。

(会いたい?)
またいつか会えるかもしれないと思います。

(はい、今は会わなくてもいい?)
はい、顔は見たい

(じゃ、お願いしてごらん、◯◯君に会わせてくださいってお願いしてごらん。)
・・・・<存在を感じて、心から笑みが溢れた>・・・

(会えましたか?)
はい、

(元気そうにしてる?)
はい、・・・よかった・・また会おうね

(じゃあ、ガイドにもう1度話しかけてみます。
いままで、ずっと私のことを見守っていてくれたんですか?って聞いてごらん)

もう1つ、ごめんなさい、次男のことを聞きたいです。

(はい、聞いてごらん)
次男は、よく戦争のこととか、この前も戦争の本とか、すごい、お話とか小さい時からよく話すんです。
キリストのこととかもよく話すんですけど、すごく感じやすい。
はい、なんかいろんな事を感じてしまって、人よりたくさん感じて、自分が辛くなってるのかなぁ・・。
私は次男にどうしたらいいですか?

・・・いつも笑顔でいてあげなさいって言ってます。はい、大丈夫だって言ってます。
はい、

ごめんなさい、もう1つ、夫は大丈夫ですか?

よく見てあげなさいって言ってます。辛い気持ちにありますって言ってます。
はい、いつもやさしい気持ちでいてあげなさいって言ってます。

(いいですか?)
はい

(今まで私のことを見守っていてくれたんですか?って聞いてごらん)
・・・<自然とうなづく>

(これからも私のことを見守ってくれますか?)
・・・<自然とうなづく>

(お名前を聞いてごらん)
・・・<心の中で尋ねている>さと・し さと・し しゃと  シャット

(シャットって言ってる?)
はい、

(はい、いいですよ、では一旦お礼を言ってお別れをしましょう、最後にもう1度お会いします。
よろしいですか?はい。)

TOPへ


本当の自分(ハイヤーセルフ)

(では、胸の真中に意識を置きますよ、胸の真中に意識を置きます。
今、胸の真中はどんな色をしていますか?)

きれいな色です。うすいピンクのような

(うすーいピンクのあわーい光、それを感じるとどんな気持ちになりますか?)
優しい気持ちになれます。

(その光をよーく感じておきます。その光をよーく心にとどめておきますよ。
そしてその光の中をよーく観察してみます。よーく見ていきます。
そして、5つ数えるとその光の中から本当のあなたの姿が現れてきます。
全てを知って全てを分かっている、本来のあなたの姿がその光の中から現れてきますよ。
5つ数えるとはっきり見えますよ。5、4光の中から本当のあなたの姿が現れてきます。
3、2、ほとんど見えてきました。1さあ、見えています。はい、その姿が見えますか?)

・・まぶしいです。すごくきれいな・・・・

(どんな姿ですか?)
両手を上に、斜め上に上げて、天に上っていくような感じ

(そのあなたの本当の姿は、何か悩みを抱えているようですか?)
(さみしそうにしていますか?不安そうにしていますか?)
いいえ

(力強いかんじですか?)
はい、

(優しいかんじですか?)
はい、

(楽しそうですか?)
はい、

(不安がってませんか?)
はい  はい <一瞬キリストの姿が見えた>
はい、笑ってます。<自分の顔のアップが見えた>

(その姿を感じるとどんな気持ちですか?)
おおらかな気持ちになれます

(力強くて優しくて自信に満ち溢れている、そういうおおらかな女性。あなたはそうなりたいと思いますか?)
はい

(はい、目の前にいるあなたのようになりたい、そう思ってますか?)
はい、

(じゃあ、その人に目の目にいる本当のあなたに話しかけてごらん。
私はあなたのようになれますか?聞いてごらん。)

・・・・・・・

(何て言ってますか?)
なれます、きっとなれます。って

(はい、あなたはどうしますか?なりますか?)
<うなづく>

(じゃあ、あなたのようになりますって約束をしてごらん、宣言をしてごらん。)
あなたのように なります。

(何ていってますか?)
・・・・・はい、うなづいてきっとなれますって

(はい、ね、その姿をしっかり目に焼き付けましょう。
そして、あなたと一体となってもいいですか?って聞いてごらん。)

・・・・

(いいって?)
はい、

(じゃあ、近づいていきなさい。近づいていきます。
そして、すーっと溶け合っていきます。一体となっていきます。)

・・・・・・・・

(どんな感じですか?)
はい、とても楽なきもちです。

(はい、それが、本当のあなたの姿ですよ。)
ありがとう、ありがとう、ありがとう

はい、どこにも力が入ってない

(その感覚をよーく感じておきましょう。
そして、胸の光をぼーっと眺めながら、その優しい、平和な感覚、それをしっかりと感じておきます。)

・・・・

・・・・・・

(そして、今までのあなたの体験、前世を含めて。
そして今の人生での体験に対して、そして出会った方々に対して、全てにありがとう。
そう、お礼をいいましょう。)

・・・・・・

(その体験と出会いによって、私は今、こう成長することができました。)
はい、

(ありがとう)
ありがとう
・・・・・・

(そして、また、ガイドが目の前に現れます、指導者が目の前に現れますよ。
そして指導者にももう一度お礼を言いましょう。)

ありがとうございました。

(また、会いたいときにはお会いすることができますか?)
・・・できるともって言っています。

(では、また、お会いできる日を楽しみにしています、そう言ってさよならを言いましょう。)
・・・・ありがとうございました・・・さようなら。

TOPへ


前世1 前世2 前世3
光の世界(ガイドと出会う)
本当の自分(ハイヤーセルフ)

この事例はセッションを受けられたAさんが、当方で録音したセッションのMDを、ご自身で書き起こされたものの中から、前世退行の部分のみを許可を得てそのまま掲載さて頂きました。

(但し、実名の部分は伏せさせて頂いてます。また、高度なヒーリング部分については、かなりの解説が必要となりますので、はぶかせて頂いてます。ご了承ください)