21歳女性

(依頼内容)
昨年の11月中旬から人間関係の悩みでうつ病になった。
 その後、本年の初めお風呂に入っている時ある神秘体験をし、その瞬間にうつ病が治った。そして、自分はその神秘体験でわかったことをどのように役立てたらいいのか。どこか(外国?)に行って何かをしなければいけない気がしてならない。
 どこに行き、何をしたらいいのか、それを知りたい。
(カウンセリング)
彼女の場合、中学生の時のいじめの体験と、1年前の失恋の体験がトラウマとなっていた。その感情を開放。
(今世でのトラウマ感情があると過去世の記憶が出にくい場合がありますので、できるだけカウンセリング行ないます。また、内面の強い感情は過去世での体験や今世での目的と大きく関係しています)
 
(退行催眠)
今世の思い出。
(場面1)高校時代。修学旅行。シンガポールの公園。友人といる。
 
(場面2)中学1年生。アメリカでのホームステイ。キャンプ場(ロックフォード)友人2名。黄色のポロシャツと膝丈のジーンズをはいている。楽しい。
 
(場面3)小学1年生。リビングで誕生会をしている。10人くらいの友達。仲良しのYちゃん、Hちゃん、Tちゃんもいる。犬の絵のついた赤いノートをSちゃんからもらって嬉しかった。
 
(場面4)3歳。夏。リビングのソファーの後で昼寝をしている。黒と白のチェックのシャツ、黄色の短いズボンをはいている。外では近所のおばちゃんが道路の掃除をしている。暖かくて気持ちいい。
 
(場面5)胎児期。暖かい。オレンジ色。軟らかくてつるつるした子宮の壁。自分とお母さんの心臓の音が聞こえる。気持ちいい。お父さん、お母さんが嬉しそうにしている。良い天気。お母さんが庭を見ている。(彼女に限らず、胎児期には周りの状況や母親をはじめ周りの人の行動や気持ちがよくわかっています)
 
(場面6)誕生。天井の照明が見える。お医者さんと看護婦さん3人が見える。お母さんは嬉しそうにしている。お母さんに「産んでくれてありがとう」と言いたいけど、言葉がわからない。
 


さらに過去世へ。
 
(過去世退行)
(場面1)6歳。はだし。小さな手。大きな布で出来た赤いワンピースを着ている。小さな島国のようだ。名前はトイ。女。6人家族。大きな畑、向こうに小屋が見える。夏。ハワイのようなところ。
 
(場面2)26歳。一人で海を見ている。白と濃いピンクのワンピースを着ている。おじいちゃんが死んで悲しい。
 
(場面3)60歳。自分の子供の結婚式。5人の子供のうちの一番下の女の子。1807年。長男(?)=現在のN。次男(レオ)=現在の父。三男(?)=現在のK。四男(ベック)=現在のB。長女(メイ)=現在のT(彼女の結婚式の場面)
 
(場面4)13歳。火事。家が燃えている。おじいちゃん、おばあちゃんが近くにいる。父母の姿は見えない。
 
(場面5)16歳。海岸で船(カヌーのようなもの)を待っている。結婚する人(サム)=現在のS。彼は船を作る仕事。
 
(場面6)25歳。夫は近くて遠い戦地に行っている。4年後に帰って来るが、再びウラシオ(?)の戦地へ行き、帰って来なかった。広い畑で撃たれて死んだようだ。
 
(場面7)70歳。山火事が起きた。みんなで逃げたが逃げ遅れた。大変疲れたから逃げるのをあきらめた。一人山の上にいる。子供、家族のことを考え大変幸せだ。海を見ている。深く眠り死んだ。
 
(場面8)先に亡くなった夫が船で迎えに来てくれた。光の中へ入っていく。そばに夫、おじいちゃん、おばあちゃん、おじさんがいる。
 
(その後、霊的指導者のもとへと誘導する)
浅黒い外人。若くて綺麗な人。赤い服を着ている。スペイン人。名はレイラ。

(前世でなにを学んだか) 
 愛を学ぶ。愛を与えて、それが自分に残ることを学んだ。

今世でやるべきこと)     
周りの人を幸せにすること。大切な物を外国から運んで広めること。    

(なぜうつ病になったのか) 
頭の中を空っぽにして、たいせつなことを思い出す準備であった。

(今世での仕事)          
人と出会って、何かを与え、何かをもらう仕事。

(今の私に必要な物)      
行動力。

(行くべき所)             
南半球の島国。

(見るべき物)             
沢山の国と人々の生活。それによって、頭では分からないことを 得、
それを広めること。

(大事にすべきこと)       
私の中にある熱くゆるぎないもの、魂。私を大事にしてくれる日とに感謝して、
これから出会う人々、物を忘れないようにしなさい。

 

彼女は今、次のステップに踏み出す為の準備に入りました。素直で、感性の豊かな優しく明るい女性ですから、きっと多くの大切な物を沢山の人に伝える仕事をすることになるでしょう。
とても楽しみです。


(一週間後、彼女からメールが届きました。以下はそのメールです)
 
『あれから、迷っていたことや進むべき道が見えて、恐怖心や不安がなくなりました。これからどうすればいいか、考えることが楽しくて行動力がアップしたような気がします。
 迷っていたことも本当は自分の中に全てあるのだということにも気が付きました。小さな頃は、もっと勇気があって恐いもの知らずなところがあったのを、いつから忘れ、自信のない人間になっていたのだと思います。

 家族や友人がいて、健康で、たくさんの愛に囲まれて。。。それだけで幸せなのに。前世の私を知ることで、本当の幸せや勇気を知りました。人を信じ、愛することがどんなに素晴らしいことか。頭で考えるのではなく、実感しました。

春休みはハワイへ行く予定です。そこでまた新しい何かに出会うといいなとおもいます。
 今回貴重な体験ができたこと、とても嬉しく思い、感謝しています。
これから自分を信じて、愛してがんばっていきます。
本当にありがとうございました。』



フォレストのセッションの特徴